2017年12月04日

2017年12月03日(日) 『第11回 TAKURO文化祭』 @東加古川スターダンス

本番の数時間前に会場入りし、フロアーの扉を開けるとすごい熱気。

JR加古川駅近くにある「70’s BAR TAKURO」の音楽好きの仲間たちが、年に一度集うイベント『TAKURO文化祭』は、毎度長丁場のイベントで、今回も午前11時半から始まっている。

前半は引き語りのアーティストで後半がバンドのアーティスト。

前半のアーティストたちが、かなり場を熱くしてくれたのだろう。


さらにTADASUKE BANDの前に出演したJAM & COOLとJam Pacageが会場を盛り上げた。

TADASUKE BANDの面々は意気消沈しかけたが、ここまできたらやるしかない。自分たちのできることをするしかない。

そう腹をくくってステージに立ちました。


セッティングが終わり、会場を見渡す恒例の儀式の中、司会進行の70’s BAR TAKUROのマスターが、メンバー一人一人を紹介。

ドラムの拓郎と店名が同じこと、このイベント翌日が誕生日であることを話し、会場がほっこり和んだ。

我々の緊張をマスターも感じ取ったのか、ありがたいフォロー。


そしてライブスタート。

1曲目の『すっと好きだった/斉藤和義』のギターからの入りもテンポも速くならず、ひと安心。


2曲目は、初めて演奏する、ピクサー映画の「カーズ2」の日本版の主題歌である『エンジン/奥田民生』。

シンプルな曲が故に、つかむのが難しい曲。

テンポを意識しながらも、演奏は熱く盛り上がってきた。






しかし、3曲目の『JAM/THE YELLOW MONKEY』は、名曲かつ熱い曲なので、入れ込み過ぎたのかテンポもつかめず、そのまま突っ走ってしまった。

しかし、曲に入り込めて演奏できたのは気持ち良かった。


4曲目の『NO NEW YORKE/BOØWY』は、高校時代にバンドを組み始めた初期に演奏した思い出の曲。

サビ部分では、お客さんも一緒に歌う。メンバーの汗も飛び散る。


そして間髪入れず最後の曲『さすらい/奥田民生』で、お客さんと一緒に盛り上がって、ライブを終えた。


ライブをするたびに思うが、課題をクリアしたと思ったら、また次の課題が現れる。

昔からそうで、おそらくこれからも変わらないのであろう。

また次回のライブに成長できるように、また練習しようと思う。  


Posted by TADASUKE BAND at 21:46Comments(0)LIVE REPORT

2017年11月20日

11月18日(土)STAR DANCE LIVE @東加古川スターダンス

ライブの時は、前日から緊張する。

体調が良かろうが、お客さんが少なかろうが緊張する。


今回のライブの1週間前には曲順も固まり、前日のスタジオでも2回通しでリハーサルをしていても、当日には緊張する。


※リハーサル風景



今回のライブでは、初めて披露する曲が2曲。


まず1曲が、Vo.宮本が懇願して演る事になった『最強のこれから / 奥田民生』。

この曲は、バンドの力が試されるような曲。

曲の展開や各所のサイズが有って無いようなもので、メンバーの息が合わないと良い演奏にはならない。

納戸もスタジオで練習をしてきたが、毎回感覚が違う。


そしてもう1曲が、高校時代に何度か演奏していた、我々にとっては思い出の曲『NO.NEW YORK / BOØWY』。

この曲は、BOØWYならではのビートが肝の曲で、今まで演奏してきた奥田民生やTHE YELLOW MONKEY、斉藤和義らの曲とは、また一味違う。


この2曲に不安を感じながら本番を迎えたが、ここまできたら割り切って思い切り演るしかない。

メンバー間で「割り切って、吹っ切って演ろう。」と声を掛け合いステージへ。


1曲目から4曲目は演り慣れた曲で、落ち着いて演奏でき、入り込めて演奏でき、魅せることができたのではないか。


そして問題の残り2曲。

案の定ミスが多かったが、とりあえず割り切って吹っ切ってできたのではと思う。

この2曲に関しては『魅せる』余裕なんてなかったが、ライブ後スタッフさんが「ラスト2曲がめっちゃ良かった!」と言ってくれた。


不思議なものです。

自分たちの感覚とは違って、良い感じで伝わっていたようで、嬉しくもあり拍子抜けでもあった。

こういった感覚のズレを直していくのが今後の課題かもしれない。



----------------------------------------------------------------------------------------------------

2017.11.18(SAT)『STAR DANCE LIVE』@加古川スターダンス

1.愛のために / 奥田民生
2.イージュー★ライダー / 奥田民生
3.TVのシンガー / THE YELLOW MONKEY
4.歌うたいのバラッド / 斉藤和義
5.NO.NEW YORK / BOØWY
6.最強のこれから / 奥田民生

----------------------------------------------------------------------------------------------------  


Posted by TADASUKE BAND at 20:50Comments(0)LIVE REPORT

2017年11月17日

11月18日(土)STAR DANCE LIVE @東加古川スターダンス




◆2017年11月18日(土)
◆開場/17:00 ◆開演/17:30
◆場所/東加古川スターダンス
◆前売/ \1,200 当日/\1,500 ドリンク/\600

出演アーティスト
仲陸人・イノチ崖マサル・One Calvi・Sannshi・TADASUKE BAND   


Posted by TADASUKE BAND at 12:05Comments(0)LIVE SCHEDULE

2017年08月01日

7月29日(土)STAR DANCE LIVE @東加古川スターダンス

東加古川スターダンスのステージも慣れてきただろうか。

16:00からリハーサルがスタートしたが、3曲をワンコーラスずつ演奏しただけでリハーサル終了。

PAさんが気持ち良い音を作ってくれるので、短いリハーサルで完了。


それに加えて、前日のスタジオでの練習で本番さながらに張り切りすぎたのか、ボーカル宮本忠臣の声がかすれてしまい、その影響もあってリハーサルも早目に切り上げました。

『こんな時こそ、演奏で引っ張らなければ!』

と意気込んだものの、それが緊張に・・・


今回のライブは5組中2番目だったので、リハーサルから本番までの時間も短く、緊張が残ったままステージへ。


『1曲目がJAM/THE YELLOW MONKEYで良かった~』とドラムの細木拓郎は思ったそう。

理由は、焦ったままアップテンポの曲をすると、テンポがつかめず早くなってしまいやすいから。だからアップテンポの曲が1曲目だと、テンポがつかめないままライブが終わってしまいかねない。

その点「JAM/THE YELLOW MONKEY」はスローテンポで、しかも名曲。

感情も込めやすく、感覚をつかむには良かった。




また今回のセットリストは、徐々に盛り上がっていくようなライブ構成。

細かいミスや課題はあったものの、最後にはやりきったという満足感、充実感が大きくなっていた。


ライブ後お客さんに、「よかったぁ!楽しかったぁ!安心して聴けたぁ!」と言っていただけたのが嬉しかった。


次のライブはまだ決まっていないが、練習を重ねて少しづつ課題をクリアしていき、また楽しんでもらえるようにしたい。


----------------------------------------------------------------------------------------------------

2017.7.29(SAT)『STAR DANCE LIVE』@加古川スターダンス

1.JAM / THE YELLOW MONKEY
2.TVのシンガー / THE YELLOW MONKEY
3.無限の風 / 奥田民生
4.歌うたいのバラッド / 斉藤和義
5.イージュー★ライダー / 奥田民生
6.さすらい / 奥田民生

----------------------------------------------------------------------------------------------------   


Posted by TADASUKE BAND at 20:51Comments(0)LIVE REPORT

2017年07月05日

7月29日(土)STAR DANCE LIVE @東加古川スターダンス



◆2017年7月29日(土)
◆開場/17:30 ◆開演/18:00
◆場所/東加古川スターダンス
◆前売/ \1,200 当日/\1,500 ドリンク/\600

出演アーティスト
レトロ・ガーデン / Raggruppare / Blue Hour / Koma / TADASUKE BAND  


Posted by TADASUKE BAND at 21:57Comments(0)LIVE SCHEDULE

2017年04月25日

4月22日(土)STAR DANCE LIVE @東加古川スターダンス

久しぶりの感覚だった。

リハーサルでPAさんが言う「ドラムさん、キックからお願いしまぁす。」の声。

それぞれのパートのセッティングが完了したら、この一言でリハーサルが始まります。

リハーサルで一番始めにドラムの音調整。

次にベース。そしてギター、ボーカルという順でリハーサルが進む。

数曲演奏するのだが、それぞれワンコーラスで終わらせて、モニターをチェック。

久しぶりの感覚だった。


こういう久しぶりの感覚を思い出したのか、ライブ本番は妙に落ち着き、客席全体まで見渡す余裕、それぞれの音を聴く余裕があった。

後で話すとメンバー全員、落ち着きがあったようで、安定した良い演奏ができた。

少しのミスは付き物で、それをカバーしあい、言葉じゃなく音で会話をする。

バンドならではの一体感、空気感があった。



初めてTADASUKE BANDを観るお客さんも、温かい雰囲気で観てくれて、一曲一曲終わると拍手や声援を送ってくれ、曲中も手拍子やリズムに合わせて身体を軽く動かし、そんな様子もステージからはっきり見れました。



予定の曲が終わると、予想も用意もしていなかったアンコールがかかり、急遽一曲を追加演奏。

気持ち良い音で演奏させてくれた加古川スターダンスの皆さんや、温かく楽しんで観てくれたお客さんに感謝です。

こういった、普段なかなか感じられない感覚を、感じることができるから、ライブで演奏するのは楽しい。

次のライブはまだ未定だが、またお客さんに楽しんでもらえて、かつ自分達も気持ち良くなれるライブができたらと思います。

次回も、お楽しみに。


----------------------------------------------------------------------------------------------------

2017.4.22(SAT)『STAR DANCE LIVE』@加古川スターダンス

1.愛のために / 奥田民生
2.風は西から / 奥田民生
3.無限の風 / 奥田民生
4.JAM / THE YELLOW MONKEY
5.イージュー★ライダー / 奥田民生
6.LOVE LOVE SHOW / THE YELLOW MONKEY
--アンコール--
7.ずっと好きだった / 斉藤和義

----------------------------------------------------------------------------------------------------  


Posted by TADASUKE BAND at 19:36Comments(0)LIVE REPORT

2017年03月31日

4月22日(土)STAR DANCE LIVE @東加古川スターダンス



◆2017年4月22日(土)
◆開場/17:00 ◆開演/17:30
◆場所/東加古川スターダンス
◆前売/ \1,200 当日/\1,500 ドリンク/\600

出演アーティスト
ゆき・Hamburger・シオッチ・シリコン マカオ・TADASUKE BAND  


Posted by TADASUKE BAND at 22:02Comments(0)LIVE SCHEDULE

2017年03月22日

2017年3月18日(土)『サウンドメリーゴーランド』@加古川ライブカフェOHANA

日も長くなり、日中は暖かくなってきた3月のこの日。

去年の9月以来の「サウンド・メリー・ゴー・ラウンド」への出演。

去年の11月27日の前回のライブから約4か月ぶりのライブ。

前回のライブからスタジオに幾度となく入り、新曲を練習してきました。


新曲が増えてスリルといったものが増し、良い緊張感を持ってライブに臨みました。

1曲目からいきなりの新曲、イエロー・モンキーのALRIGHTから始まり、2曲目3曲目まで怒涛の新曲で攻める。

TADASUKE BAND



攻めるが焦りもする・・・しかし、この緊張感がライブの醍醐味で、やりきった時の充実感も増す。

今回演奏した8曲のなかで4曲の新曲を演奏しましたが、もっとやり込んで自分たちの音として出せるようにしたいという欲が出てきました。


次回のライブも近々予定されており、詳細が決まれば発表しますが、次のライブでも「クリアすると新たに生まれる課題」を克服して、楽しんでもらえるライブにしたいと思います。

そんな「課題の克服」を練習で楽しみながら、次のライブで披露できるようにしたいと思うので、是非楽しみにしていてください。






----------------------------------------------------------------------------------------------------

2017.3.18(SAT)『サウンド・メリー・ゴー・ラウンド』@加古川ライブカフェOHANA

1.ALRIGHT / THE YELLOW MONKEY
2.BURN / THE YELLOW MONKEY
3.JAM / THE YELLOW MONKEY
4.無限の風 / 奥田民生
5.歌うたいのバラッド / 斉藤和義
6.SPARK / THE YELLOW MONKEY
7.さすらい / 奥田民生
8.ずっと好きだった / 斉藤和義

----------------------------------------------------------------------------------------------------  


Posted by TADASUKE BAND at 21:50Comments(0)LIVE REPORT

2017年03月15日

3月18日(土)「サウンドメリーゴーランド」@加古川ライブカフェOHANA

以前より仲良くさせてもらっている方が、定期的に開催しているライブイベント『Sound merry-go-round サウンドメリーゴーランド』に出演します。

TADASUKE BANDがこのイベントに出演するのは、確か3回目。

いつも音楽好きの人たちが集まり、とてもアットホームな雰囲気で楽しく演奏できるイベントです。


今回のライブでは、新しくカバーする曲も演奏する予定。

YouTubeに先日のスタジオでの練習の様子をアップしていますが、それはTADASUKE BANDの定番の一曲「無限の風/奥田民生」。




ライブ前の練習でピリピリした雰囲気が伝わるのではないでしょうか。


ライブ本番では、楽しく演奏して、もっと魅せるライブになるはず。

誰の何の曲を演奏するのか。どんなライブになるのか。

どうぞ楽しみにして遊びに来て下さい。

TADASUKE BAND0318ライブ




「Sound merry-go-round サウンドメリーゴーランド」
◆2017年3月18日(土)
◆開場/18:30 ◆開演/19:00
◆場所/加古川LiveCafeOhana
◆料金/ \1,500(ワンドリンク付)

出演アーティスト
職人くん・奈良秀樹・TADASUKE BAND・ESCUPE  


Posted by TADASUKE BAND at 20:56Comments(0)LIVE SCHEDULE

2016年12月16日

ALABAMA SHAKES(アラバマ・シェイクス)JAPANツアー2016@堂島リバーフォーラム

彼らを知ったのは、チラシだったかネットだったか・・・

普段はそれほど気にも留めないであろうニュースに、たまたま目が留まった。

「第58回グラミー賞 4部門受賞」の文字。


そして彼ら(正しくは彼女か)のルックスに驚く。

彼らの名前はALABAMA SHAKES(アラバマ・シェイクス)。




ちょっと興味がわいたのでYoutubeで動画を探して観てみて驚愕。

ボーカル&ギターのブリタニー・ハワードの第一声に、一発でやられました。




そして早速最新アルバムを購入。

ソウルフルでオールドっぽさがあって、ロックっぽさもありブルースの匂いもするALABAMA SHAKES(アラバマ・シェイクス)の音楽にのめり込んだ。


そして2016年12月15日(木)、大阪の堂島リバーフォーラムでのライブに行ってきた。


初めて行く会場で、調べるとロッカーも無く(当日クロークが設置された)、音響もどんなものか解らないし、色々と不安もあった。


年齢層も幅広く、じっくり聴きたいタイプと騒ぎたいタイプと客層も色々だったように思う。


最初その色々なタイプの空気感に、自分がどう楽しめばよいのか戸惑ったがメンバーが登場し、ボーカル&ギターのブリタニーの大きな体(ギターがちっちゃく見える)とチャーミングな笑顔を見て、そんな戸惑いは無くなった。


ALABAMA SHAKES(アラバマ・シェイクス)の曲は、ミドルテンポからスロー、超スローの曲が多く、バンド経験者なら解ると思うが、スローテンポの曲をバンドで合わせる事は簡単ではない。

それが超スローテンポの曲になるとなおさら。

メンバーひとりひとりの、リズムの取り方や間、呼吸、イメージが合わないといけないのだが、彼らはビタッと合わせてくる。

むずかしい事は特にしていないが凄いバンドだ。



※スマホで撮ったので画質が荒いですが、ご了承ください。



そして輪をかけてすごいのが、ボーカル&ギターのブリタニー・ハワードの歌。

ひとりゴスペルをしているかのようなパワフルな歌唱力。

顔を激しく歪めながら歌う表情と貫禄たっぷりのアクション。

大きな体の奥底から絞り出すかのような表現力。




もう凄い。

何度も鳥肌が立ち、2度泣きそうになった。

人の歌、曲を聴いて涙する事なんてめったにないが、歌詞の意味もよく解らないのに泣かせるなんて。


もう次のリリースが楽しみだし、来日公演が待ち遠しい。

次も絶対行く。



------ALABAMA SHAKES(アラバマ・シェイクス)JAPANツアー2016 @堂島リバーフォーラム------

1.FUTURE PEOPLE
2.DUNES
3.RISE
4.GUESS WHO
5.HEARTBREAKER
6.BOYS & GIRLS
7.MISS YOU
8.SHOEGAZE
9.ALWAYS ALRIGHT
10.JOE
11.BE MINE
12.HOLD ON
13.THIS FEELING
14.GIMME ALL YOUR LOVE
15.DON'T WANNA FIGHT
16.GEMINI

~アンコール~
17.SOUND & COLOR
18.YOU AIN'T ALONE
19.OVER MY HEAD


文=Drum 細木 拓郎  


Posted by TADASUKE BAND at 21:51Comments(0)MEMBER BLOG